フィフティ・シェイズ・フリード最終章を女一人で見てきた

フィフティ・シェイズ・フリード最終章を女一人で見てきた

スポンサーリンク

土曜日の夜21時過ぎ「フィフティ・シェイズ・フリード」を六本木ヒルズで見てきました。

内容は簡単に言うと、超絶可愛いダコタ・ジョンソン演じる普通の女の子と、ドキドキするイケメンジェイミー・ドーナン演じる大富豪のエッチな映画・・・笑

ダコタの大胆なエロいシーンが沢山詰め込まれてます。笑

・映画館に来ていた客層は?
・フィフティシェイズシリーズについて
・ネタバレ・感想
・ダコタ・ジョンソンについて
・ジェイミー・ドーナンについて

フィフティ・シェイズシリーズは三部作で今回は最終章。
そう、実はダコタのファンで見たのがキッカケで密かにファンになってしまった『フィフティシェイズ』シリーズ。
時間が出来た土曜の夜に見ちゃいました。

映画館に来ていた客層は?


アメリカなどではかなり人気があるって宣伝してるけど、日本ではなかなか恥ずかしくて見に来れないのか、お客さんはかなり少なめ。土曜の夜というゴールデンタイムに直接行ってチケットを買いましたが沢山席は選べました。

でも、意外にカップルが多く、ほとんどがカップル。私のような一人女性が他にもちらほらと女同士のお客さんもちらっと。
男性一人客が一人だけと言う感じでした。

かなり際どいシーンが多いので、仲良くなってからじゃないとカップルでは気まづい映画ですが、
かなり愛にストレートなストーリーなので、深い仲のカップルで行ったら、きっと、もっと好きな人を愛したくなるのかも?

フィフティシェイズシリーズについて

フィフティシェイズはイギリス人女性作家のE・Lジェイムズが書いたロマンティック小説。

世界的にベストセラーにもなった1作目「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が2015年に映画化され、過激でセクシーなストーリーが話題となった。映像が綺麗なこともあり、女性ファンを作り、2017年には2作目「フィフティ・シェイズ・ダーカー」
そして、最終章の3作目「フィフティ・シェイズ・フリード」が2018年に公開となった。

ネタバレ・感想



綺麗な女性のセクシーなシーンは女として磨かれる気がしますね。
綺麗な身体を見せつけられて、本能的に痩せたーい!と思うのか、その映画の時間だけはお腹に力を入れて見ていたり、
ただ、エロいシーンが見たいだけじゃなくて(笑)この映画は音楽ファッションも好き♡

そしてそして、何と言っても大富豪の豪華な暮らしぶりを見れるのも夢があるよね♡笑

恋愛以外のストーリーに関してはツッコミどころありな簡単なストーリーで、とにかくドキドキ、うっとりしてください!って映画なのかも。別に私はSM好きな訳では無いですよ!!笑
最後、子供まで生まれちゃうのが最終章らしいなー。

ただ、女子は意外とエッチだし、綺麗な女性を見ると自分も頑張らないと!と無駄な気合が入るし、こーゆう映画好きなんじゃないかな。笑

スポンサーリンク


 

ダコタ・ジョンソンについて


1989年10月4日、 アメリカ・テキサス州オースティン生まれの女優、モデル。

現在は、クリス・マーティンと交際している。

ジェイミー・ドーナンについて

1982年5月1日、イギリス生まれのファッションモデル・ミュージシャン・俳優。
妻のアマンダ・ワーナーが第3子を妊娠。
ドーナンとアマンダにはすでに4歳と2歳の娘がいる。

この記事へコメントをどうぞ