7日間女子旅【ギリシャ基本情報・旅の準備編】

7日間女子旅【ギリシャ基本情報・旅の準備編】

女子旅、ギリシャ7日間の旅。最近サントリーニ島の白い建物などで人気があるギリシャ。アテネまでの総飛行時間はなんと、約20時間!! そこまでしても行く価値のあるギリシャの魅力を紹介していきたいと思います。 しかし、その前に旅の準備編として、ギリシャ基本情報、旅の荷物準備を紹介。

ギリシャの基本情報

通過 ユーロ(現地より日本の空港の方がレートが良いことが多い)
人口 約1080万人(2015年)
治安 スリやひったくりが増えているので、手荷物など注意
気候 日本より少し暖かい程度
ハガキ 日本まで0.8ユーロ
免税 免税加盟店にて、同1日内、1枚のレシートで120ユーロ以上購入された場合払い戻しを受ける権利が発生。
(必ずしも100%もどってくるお金とは限りません)

簡単ギリシャ語

おはよう・こんにちは  カリメーラ
こんにちは・こんばんは カリスペーラ
ありがとう       エフハリスト
お願いします      バラカロー
おやすみなさい     カリニキタ

チップ情報

枕チップ 1人1晩 1ユーロ
タクシー 5〜10%程度
(ただし、復活祭とクリスマス前後10日間ぐらい料金に規定額が加算される。)
ホテル 1回のリクエスト 1ユーロ

飛行情報 ✈︎

カタール航空
旅行したのは4月前半ですが、飛行機の中は常に暑くてヒートテックを着ていたら汗かくほど。
成田(飛行時間約12時間)→ドーハ(約2時間半滞在&飛行時間5時間)→アテネ
ドーハ空港は石油国であり、物価が高いです。
そのかわり、リッチなカフェや人々が見られて、刺激的でもありました。

海外旅行4泊7日間〜旅の荷物【トランク編】〜

⬜︎下着×4
⬜︎服・靴下(忘れやすいので注意)・アクセサリー
※ヒールは持っていっても出番なしでした。
⬜︎シャンプー・リンス・ヘアゴム・ピン・ワックス・コテ
⬜︎充電器系(カメラ・携帯)
⬜︎プラグ(ギリシャはCタイプ)
⬜︎ハガキ(お礼したいときの為に日本の絵葉書など)
⬜︎めぐリズム(アイマスク)
⬜︎手帳(メモなどする為)
⬜︎メイク落とし・化粧水・乳液等(試供品があると便利)
⬜︎酔い止め(今回クルージングがあるので)
⬜︎ハンガー(ホテルによって少ない、かけにくいハンガーの場合が多い)
⬜︎シワ取りスプレー

海外旅行4泊7日間〜旅の荷物【手荷物編】〜

⬜︎お金(アテネ市内でも、小さい買い物はカードが使えないお店が多かったので、現金も気持ち多めに用意することをお勧めします)
⬜︎財布は海外用を用意することをお勧め
⬜︎クレジットカード(JCBは使えないことが多いので、VISAが無難です)
⬜︎パスポート・チケットなど
⬜︎ボールペン
⬜︎ティッシュ・ウェットティッシュ
⬜︎目薬・化粧水・クリーム・歯ブラシ・リップクリーム
⬜︎パジャマ(機内時間ながいので楽な格好)
⬜︎スリッパ
⬜︎カメラ・携帯
⬜︎化粧品類
⬜︎まくら・アイマスクなど
⬜︎飴

旅行ではなくし物は当たり前という気持ちで、なんなら断捨離してくる意気込みで向かいます!!※なくし物には捜索手数料¥5400円と別に経費がかかるんだとか。
(私の場合、ほんと毎回なくし物してくる。涙)

今回のなくし物は、行きの飛行機の中にコートを置いてきてしまいました。

これできっと準備万端です!!

ドーハ空港についてほんの少し…

大きな黄色いクマさんがメインホールの目印。
なぜか、電球をかぶっています。


フードコートがありますが、基本お値段高めです。
通貨単位はカタール・リヤルQR(Qatar Riyal)とディルハムDh(Dirhams)。
QR1=100Dh=31.33円(2016年2月16日現在)。

お水も高めです。

オシャレなカフェもいくつかありますが、見るからに高そうです!!

トイレ?とおもいきや、お祈りするスペースなんだとか。

これで準備万端!!!
おもいっきりギリシャを楽めますね!!

この記事へコメントをどうぞ