【トゥルムホテル】Panacea Tulum

【トゥルムホテル】Panacea Tulum

トゥルムまでの道のりは、日本からダラス乗り換えでカンクン空港へ降り立ち、そこからまたバスで約3時間走り、ようやくトゥルムへ到着します。そして、Tulum Downtown側にあるラグジュアリーホテル【Panacea Tulum】までは、ADOバスターミナルからまたタクシーで15分ほど走り到着です。

近そうに見えて距離のあるトゥルムでは、ほぼタクシー移動か、レンタル自転車での移動になります。

ホテルに着いてチェックインを済ませお部屋へ。

最高のロケーションに気持ちも高まりながら予約していた部屋【Suite Residential 1 bedroom】へ。

中に入って、すぐに心ときめいたのが、明るく涼しいデザインのひとりでは広すぎるオープンスペースな部屋。

ベッドルームも広々と心地よい。

バスタブは着いていないけども、シャワールームも広々。

キッチンはコンクリート柄の高級感漂う近代的なデザイン。イタリアの伝統と特徴を現代的に反映させているとだけあってファッショナブル。

ウェルカムフルーツとフリードリンクがはじめに2本だけ頂けます。

のんびり寛げる品の良い大人なデザイン。部屋数が多くないので、静かな時を過ごせます。

風がまた心地よい。一日中スタッフがプールの清掃やお庭のお手入れをしているので清潔感抜群。

いつでも綺麗なプールを楽しめます。

ここに住みたい。誰もがそう思うほど居心地の良いホテル。
英語のつたない私の質問や相談にも、精一杯答えてくれるスタッフのサービスも最高です。

ついつい引きこもりたくなる、コスパともに最高なホテルです。
シャワーのお湯がなかなか出なかったという難点も忘れてしまうくらい最高でした。

ダウンタウンまでは少し距離があるので、タクシーかレンタル自転車での移動です。
タクシーはメーターがなく、言い値でやはり日本人だと高め設定ですので、1日600円ほどで借りられる自転車がオススメです。

この景色での昼寝なんて天国ですね。


 

この記事を書いた人

YUMI
ライター兼「MORE MYSELF」運営者のユミです。
私についてのご紹介はこちら

この記事へコメントをどうぞ