上手く生きるために重要なこと

上手く生きるために重要なこと

某、有名なお茶の名前をつけたり、数々のキャッチコピーを生み出しているプロのライターさんとランチを食べた時の話である。

「うまく生きるために重要なことは何だと思いますか。」そんな初対面の女からの究極な質問に、その男性はプロライターらしく、かっこよく答えてくれた。

「ChoiceとPresentationかな」

さすが、プロライターだ!!確かに!!例えば、自分に必要な情報を検索するときも、これから何かをしたいと思った時にも情報過多な現代…時間制限の中でどれだけ妥協点を高められるか…そのためには、いるもの、いらないものを常にチョイスし、いらないものはとことん捨て無駄な時間を削る…人間である私たちには、無限に時間があるわけではありません。あっという間に歳は重ねてしまうのです…

例えば、正しい情報と間違った情報が一緒になって、あちこちに溢れかえっている世の中で本物の情報を見極め、チョイスする…今の自分、これからの自分の為に必要な人、もの、情報をチョイスする…

いつも感じる、人類皆1日24時間を与えてもらっているはずなのに、何故か自分は時間が足りない!!今日は何もできなかった!!と、後悔しているあいだに、隣の誰かさんはたった1日で私の3日分の仕事をしてしまう人がいる…私が夢を叶える為に、本を読んだり、セミナーにいったり模索している間に夢を叶える為に重要な人に会い、夢を叶える切符を既に手に入れている人がいる…私が、間違った情報か、正しい情報かを確かめている間に、正しい情報を必要なだけ集めきり、答えを出している人がいる…

その差は一体何か…

人脈や経験など、沢山の理由は出てくるでしょうが、やはり…「無駄が多い」「正しい判断力が鈍い」ということが大きいような気がします。

それを一言で言うと、『正しいチョイス』ができているか、できていないかということ。

きっと、それを改善するには、知識、判断力、基礎力などを高めなくてはいけないでしょう。私的に考える、それらを手っ取り早く高めるトレーニングは、

『自分に関わりのある良いものをとことん見る』こと、知ることではないでしょうか。良いもの、こと(本物)を知っている人は判断力も、チョイスも早くなります。逆に、本当に良いもの(本物)をあまり知らず、中途半端に良いものを知っている人は自慢が多くなったり、下品さが出てしまう人もいたり気がする…

仕事でもそう感じることが多いですが、話し方、営業方法、企画書などなど…良いものを見ると、自分の力はまだまだだ!と気づくことがすごく多いし、改善点が見つかるもの。

また私生活でも、チョイスをする場面は沢山あります。今日の夜ご飯はどこで誰と何を食べるか…きっとそんな些細な選択が重要になるときがあるし、未来の自分を創り上げていくのでしょう。

そして、インプットした後は、アウトプットも重要になります。『自由の幅』が広くなった現代で、どれだけうまく自分をプレゼンテーションしていけるかということ。

最近では、「個人の力」「個人の価値」が見られるようになってきたと言われ、何に関してもプロが求められ、本物が愛される時代になってきているように感じます。

私たちも、そんな時代の中、置き去りにされない為には、プレゼンテーションを常に心がけることが重要になってくるでしょう。そして、先に身につけるのは自己満足で終わらず、客観的な判断力!!

やはり、プロになるのです。

プロとは、意識しないとなれないものです。努力も必要でしょう。いきなり難しいことを言っているようですが難しく考えなくて良いのです。とにかく、今自分がしていることのプロになりましょう。お茶くみのプロ、コピーのプロでも構いません。美味しいランチに詳しい『ランチプロ』でも、『洗濯のプロ』だって構いません…

とにかく、今自分がしていることのプロを目指しましょう。その日、プロのライターさんはこうまとめてくれました。

『ビジョンをしっかり持ち、そのビジョンから逆算しチョイスとプレゼンテーションをしていくこと。』

と…気合の入るお言葉ですが、以前の私は確実なビジョンというものが持てずそこでまず、つまづいていました。ビジョンが見えないのだから、チョイスにしても、プレゼンテーションにしても正しい答えが出てこないのです。しかし、私はすこし大きく、固く考え過ぎていたようです。ビジョンとは絶対これ!!と完成したものではなく…常に変わってもいいものだしアップデートしていくものだと…だから、絶対!!とそんなに気構えずとりあえず、『今見えるビジョン』に向かって進むことを決めました。

進むうちに、もっと確かなものが見えてきたり、今まで見えなかったものが見えてきたり…その見えてきたものが、もっと遠くにあったり以外と近くにあったりするかもしれません。そしたら、チョイスとプレゼンテーションもそのビジョンに合わせてアップデートしていけばいいのです。

この日のライターさんとのランチ時間は沢山のことを考えさせらると共に、改めて、プロに触れることは大事だ!!と確信させられたとても良い時間でした。

【MORE 魅力のある女性】

自分の極めたいものの一流をみて『choice力』を鍛える
プロになり、プレゼンテーションをする

この記事へコメントをどうぞ