キャロル

キャロル

クリスマスの準備をする人々の中、デパートの玩具販売員のアルバイトをしていたテレーズは、ひときわ目立つある女性に一目で心を奪われる。自分の気持ちに疑問を持ちながらも、どんどん同性のキャロルに惹かれ、真実の愛を教えてもらう。

映画 キャロル 02

エレガントでミステリアス、女、男誰でも目が釘付けになるくらい、魅力があふれるマダムをケイト・ブランシェットが完璧に演じているキャロル。完璧なのに、完璧ではない、彼女のふと見せる陰や悲しみが、人間らしさと人生の深みをキャロルという人也で見せ、この女性のストーリーにとても興味がそそられてしまう、そんないい女。

映画 キャロル 03

無駄なことは何も言わず、眼差しや表情、仕草で強く伝わって来ますが、そのなかでも彼女が発する言葉には、とても重みがあり胸にささるものがあります。

映画 キャロル 04

自分に好意を持つ若い女性を車での小旅行へと誘おうとするキャロルは親友に「自分がわかってる?」と聞かれる。するとキャロルは自信たっぷりと「わかってないわ」と微笑む。”こうあるべき”という息苦しい場所から、テレーズを同じく愛し始めたキャロルが自分らしさを取り戻し始める言葉。

映画 キャロル 05

周りの強行により、現実を突きつけられたキャロルは自分を捨て”こうあるべき”姿に一生懸命なろうと努力をする。しかし、やはりその姿は違うと気づき、「でも、自分を偽る生き方では私の存在意義がない」と自分らしさをもう一度取り戻す姿は、また彼女に魅力を与える。

映画 キャロル 06

名女優陣の息が止まるほど魅力的な佇まいや表情、衣装はいい女のお手本になることまちがいないですが、身につけるにはなかなか難しそうなただならぬオーラです。

映画 キャロル 07

しかし、この映画を見て感じたのは、人は誰かを愛することで強くなる。そして、自分らしく生きることで輝く。ということをうっとり魅了されながらも、強く自信が湧いてくる映画です。

映画 キャロル 08

【MORE DRAMATIC】

いい女は、佇まい、表情、空気、間で語り、言葉でトドメをさす。

この記事へコメントをどうぞ